Sponsored Link
買う前に必ずチェックしておきたい!女性に人気の登山ブランド10選‼ | 山おかめ

買う前に必ずチェックしておきたい!女性に人気の登山ブランド10選‼

登山用品って高価なものが多いですし、一度買うとだいたいのものは長く使うことになります。

なので人気の登山ブランドについてもしっかり知った上で、じっくり選んで購入したい方もいるでしょう。

そんな方にはこのページで登山用品の人気ブランドについてチェックしてみて下さい。

人気のあるブランドには何か人気が有るだけの意味が有るはずです。

karrimor(カリマー)

カリマーは、1946年に設立されたイギリスのアウトドアブランドです。

カリマーという名前は「carry more=もっと運べる」から来ています。

登山としては特にバックパックが機能性・デザイン性ともに評判が高いです。

若年層から年配の方まで比較的幅広い層から支持されていますが、おかめ的には女性に人気が高いイメージがあります。

karrimorのオンラインショップへ

THE NORTH FACE(ノース・フェイス)

1966年に創業されたアメリカのアウトドアブランドです。

登山・クライミング・キャンプをはじめ様々なジャンルのアウトドア用品を扱っていて、ダウンパーカやドーム型テントといった様々なアウトドアアイテムを発明してきました。

王道中の王道ブランドといったところです。

海外のトレッキング大会などでアスリートの人達が身に着けているのをよく見かけます。

なので、おかめ的にはかっこいいブランドのイメージです。

THE NORTH FACEのオンラインショップへ

Columbia(コロンビア)

1938年にアメリカオレゴンで誕生したアウトドアウェアブランドです。

本格的なものから普段使えるものまで幅広くラインナップされています。

気候に合わせて3ウェイの着こなしができるという「インターチェンジシステム」を考案したことにより、1989年にはアウトドアウェアブランドとして全米シェア第一位を記録したことも有ります。

高レベルの防水性と透湿性を持つオムニテックをはじめ保温機能、冷却機能、プロテクション機能、防虫機能などのテクノロジーを搭載したアイテムを色々自社で開発しています。

それでいて値段は比較的手が届き易いのも人気の秘密です。

Columbiaのオンラインショップへ

mont-bell(モンベル)

モンベルは、1975年に大阪で誕生した日本のアウトドア総合メーカーです。

登山用品、アウトドア用品の製造、販売をしています。

登山用品の中では値段はお安めで、日本のメーカーなので日本人の体形に合っているという点でも国内で人気があります。

人の多い山なんかに行くと必ずというほどモンベルの製品を着ている人と出会います。

機能性は間違いないですが、人と被るのを気にするような人にはちょっと抵抗があるかもしれません。

mont-bellのオンラインショップへ

MILLET(ミレー)

ミレーは、1921年に誕生しいたフランスの老舗アウトドア用品メーカーです。

1950年に人類で初めてヒマラヤ8000m級峰の登頂を成功したフランス隊が使用していたことから有名になりました。

ザックが特に有名で人気も有ります。

最近では「ドライナミックメッシュ」など機能性を考えられたウェアも話題になっています。

ちなみにおかめが初めて購入したザックはミレー製で、とても気に入っていました。

その後もイメージはあまり変わらず良いイメージです。

MILLETのオンラインショップへ

MAMMUT(マムート)

1862年にスイスでロープメーカーとしてスタートしたアウトドアブランドです。

世界の40か国以上の地域で展開しています。

マンモスのマークが印象的で品質はとても良いですが、少し高級なブランドのイメージです。

お値段は高めですが、持っていると一目置かれます。

MAMMUTのオンラインショップへ

patagonia(パタゴニア)

1973年にアメリカで誕生したアウトドアブランドです。

ペットボトルを使った再生素材だったり、オーガニックコットンを使った製品を生み出して、地球環境にも人にも優しい製品を作っています。

今や登山では常識となった重ね着(レイヤリング)という概念はパタゴニアが考案したんだそうです。

南米パタゴニアのフィッツロイをモチーフとしたロゴがかっこいいです。

patagoniaのオンラインショップへ

Marmot (マーモット)

マーモットは1974年に誕生したアメリカのアウトドアブランドです。

前に出たMAMMUT(マムート)と名前が似ていてロゴの色も同じ赤なので勘違いしがちですが、違うブランドです。

マムートは高価なものが多いですが、マーモットは値段的にはマムートよりも安めです。

アメリかで人気が高く、特にテントは評判が良いです。

登山では今や定番のGORE–TEXを最初に採用したブランドでもあります。

Marmotのオンラインショップへ

ARC’TERYX(アークテリクス)

1989年にカナダのノースバンクーバーで誕生したアウトドアブランドです。

クライミング用ハーネスの販売からスタートし、今ではウェアやバックパック他幅広く手掛けています。

ブランド名は恐竜と鳥類をつなぐ「始祖鳥」が由来となっています。

圧倒的な機能性を備えつつもデザイン性も素晴らしく、多くのアルピニストやクライマーに愛用されています。

人とは違うものを持ちたいという方におすすめです。

ARC’TERYXのオンラインショップへ

Foxfire(フォックスファイヤー)

創立1982年の日本発のアウトドアブランドです。

フィッシングベストからスタートしましたが、今では幅広いアウトドア用品を取り扱っています。

モンベル同様に、日本のメーカーで日本人の体形に合ったものが作られているので、日本人体形の方には合いやすいです。

着るだけで防虫効果がある「スコーロン」はとても話題になりました。

Foxfireのオンラインショップへ

まとめ

登山用品として人気が高いブランドをおかめなりにピックアップしてご紹介してみました。

人それぞれにそのブランドに対するイメージは違うと思いますが、参考までにおかめの持つブランドイメージについても一応お伝えしてみました。

あとは、購入者さんそれぞれが自分で山に足を運びながら、また製品を使用しながら判断し、次に購入する時の参考にしていくのが良いかと思います。

自分らしい登山用具をチョイスしてみてください。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。