Sponsored Link
登山レインウェア撥水加工をプロにお願いしてみた!レビュー‼ | 山おかめ

登山レインウェア撥水加工をプロにお願いしてみた!レビュー‼

今使っている登山用レインウェアは、どのくらい撥水してくれますか?

登山で使うレインウェアはとても重要で、低体温症になるのを防いでくれる事も有ります。

レインウェアさえ持参しておけば雨が降っても大丈夫と思っていたりしませんか?

すでに撥水性能がほとんどないのに、気にせず使っているのはとても危険です。

おかめ
おかめ
撥水しないレインウェアでは持っていてもあまり意味がないですよ!!

自分で撥水の処理をすることもできますが、その場合撥水機能の持続が短く、こまめに処理をしなければなりません。

しょっちゅう撥水処理をするのは面倒という方のために、「撥水加工専門のサービス」というのが有るのをご存知ですか?

私も今現在持っているレインウェアを、つい最近雨の中で使用した際に、思ってた以上に撥水機能が効いていなくてとても寒い思いをしてしまいました。

これはいけないと思い、撥水処理をすることにしました。

家で自分で撥水処理をすることも考えましたが、それ用の液を買わないといけないので結局の所お金がかかるならと、一度プロに頼んでみることにしました。

前々から試してみたかったというのも有るのですが。

レインウェアを撥水加工処理に出す前

現在持っているレインウェア2点を出すことにしました。

写真には写っていませんが、左の薄い水色の方は下のズボンも有ります。

出す前に撥水の状況を確認してみました。

1つは、10年以上前に登山を始めたばかりの頃、登山用品というものを何も持っていなかったため、あれもこれも揃えるのは厳しく、安売りしているものを購入した物です。

ゴアテックスのものでは有りません。

ぶた子
ぶた子
これって本当にレインウェア??

あまりの水の弾かなさに、もはや何の画像かすらわかりづらいです。。。
すっかり水をすってしまっています。

一体いつからこんな事に。
汚れが目立つ色で、かなり汚れてもいます。

クリーニングもやってくれるそうですが、さすがに古い汚れなので期待はできません。
こちらは上下まとめて出しました。

もう1つは、5年ほど前にやはりゴアテックスではなく、可愛さにひかれて購入しました。
こちらは上のみです。

全然時間がたってないのに、生地が水をすっかりすってしまっています。。

これはひどい。。

雨の中このウェアを着ていても、あまり意味がないですね。

レインウェアの撥水加工処理の申し込み

まずはインターネットから申し込みをしましょう。

何を何点撥水加工したいのか、それはいつ頃購入したものなのか、そしていつ物を送ることが出来るのかを明記して申し込みをします。

すると、撥水加工したかったものが先方に届いたら、向こうからメールで連絡が来ます。

お見積り書と注意点などが書かれていますので、内容にOKならば同意確認をして本申し込みとなります。

私が出したものは、どちらも古いものだったので、撥水によって損傷が起こる場合が有るとのことでした。

この時点でやっぱりそれなら止めるということならキャンセルもできます。
ここで同意してしまったら、もうキャンセルはできません。

同意した後は支払いの手続きをネット上でします。

後は、出来上がりを待つばかりです。

通常仕上げの場合だと、テント以外のものなら申込の同意翌日から7営業日後以降に発送され、早期仕上げなら同意翌日から3営業日後以降に発送されるそうです。

レインウェアの撥水加工処理が完了

ウェアが戻ってきました!
通常仕上げで出したのに、予定していたよりも全然早く帰ってきました。

11/23に決済をして11/29には戻ってきました。

上下セットのものと上のみ、それぞれ綺麗な袋に入れられて新品のようです。
なんか嬉しいです。

商品の他に、「納品書」と「撥水コーティングを長持ちさせるために」という用紙が入っていました。

さて、開けてみます。

私の勝手な予想では、撥水加工をすると最初の状態よりももっと生地が固くなるんではないかと思っていたのですが、生地を触ってみると送る前と変わりません。

なんだか、逆に撥水が出来てるのか心配になってきました。

撥水を試してみることにしました。

せっかく撥水加工したばかりのものに水をすぐにかけるのは気がひけましたが、一体どのくらい撥水出来ているのかも気になります。

お風呂場でウェアに水をかけると、なんと言うことでしょう〜、水がコロコロ。

あっと言う間にコロコロ転がって行ってしまうので、撮影に苦労しました。

すごーい、ちょっと感動しちゃいました。

しかも、水玉の方は色が濃くて汚れが落ちたかはわかりずらいですが、薄い水色のウェアの方がかなり汚かったのがだいぶ綺麗になっています。

10年も使っていた古いレインウェアがよみがえりました。

写真ではわかりづらいですが、かなり綺麗になりました!!

損傷が起こる可能性が有ると言われたけど、チェックした限りでは大丈夫そうです。

わざわざ雨の日に山に行きたくなってきてしまいました。

次こそは、ゴアテックスの良いレインウェアを購入するぞ!って思っていたけど、しばらく先になりそうです。

そして、こんなに気軽に出来るなら、時々はこうやってレインウェアをちゃんと撥水加工してあげたいです。

あとは、実際に雨の日に使ってみた感想も書きたいのですが、それは試したら是非またレビューしたいと思います。

まとめ

皆さんの今お持ちのレインウェアは、撥水状態はどうですか?
もしも、最近撥水が今一だと感じるなら、撥水処理をしっかりとやりましょう。

もちろん自分でやるのもいいですが、プロにお願いしてみるのもいいですよ。

登山ではとても重要なレインウェア、大切に管理しましょう〜。

プロの撥水加工について詳しく見てみる

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

この記事のタイトルとURLをコピーする