Sponsored Link
山の紫外線をなめてませんか?登山の日焼け対策は必須です‼ | 山おかめ

山の紫外線をなめてませんか?登山の日焼け対策は必須です‼

標高が1000m高くなるごとに紫外線は10~20%多くなるってご存じですか?

ですので、当然山の上では平地よりも紫外線量が断然多いです。

紫外線は肌へのダメージだけではなく、体力も奪ってしまいます。

また病気につながる可能性も有ります。

1年中、また曇りの日でも、常に紫外線は降り注いでいますので、何らかの対策が必要です。

特に女性は、紫外線が肌の老化の原因となりますので、後々後悔しないためにも、しっかりケアしておきましょう!

日焼け止め

ぶた子
ぶた子
日焼け止めって種類が色々あるけど、登山にはどんなのがいいんだろう?

日焼け対策といってまず浮かぶのが日焼け止めです。

日焼け止めはこまめに塗り直す必要があります。
できれば2時間おきに塗り直すのが理想です。

ですが、休憩時間には行動食を食べたり、地図をみたりとやることがたくさんあります。

できるだけ短時間でささっと塗り直しができるようスプレータイプスティックタイプがおすすめです。

また、休憩時にさっと取り出せる場所に入れておくことも重要です。 

おかめ
おかめ
★ポイント★
日焼け止めを2時間置きぐらいに塗りなおすとなると結構大変。
さっと出せて、さっと塗りなおしやすいというのはかなり重要です!

また、日焼け止めには強さがあります。
できればSPF50あるいはPA+++などの強さのものがベストです。

ただ、肌が弱い方なら少し弱めで、それでもSPF30、PA++は欲しいところです。

また、登山では汗をかきますので、普通の日焼け止めだとすぐに流れてしまいます。
汗にも強いウォータープルーフのものにしましょう。

曇りの日でも必ず日焼け止めを塗りましょう。

また、忘れがちなのがです。唇も他の場所と同じく日焼けをします。

日焼け止め成分の入ったリップクリームが売っていますので、しっかり対策しましょう。

おすすめ日焼け止め

●アウトドアUV(ヴィーヴォ)

スティックタイプなので、塗りなおししやすく便利です。

SPF50+、PA+++ と強力な上に、アウトドア用でウォータープルーフですので汗にも強いです。

白のタイプも有るのですが鏡を見ずに塗りなおしをしていると真っ白になっているなんてことも有るので、肌色のナチュラルカラーの方がおすすめです。

ポケットサイズなので使いやすいし、石鹸で落とせるというのも嬉しいところです。

そして、デザインも可愛いので女性にも人気です。

●アネッサ パーフェクトUVスプレー アクアブースター SPF50+/PA++++ 60g

なんといってもスプレータイプで塗るのが楽ちんです。
おまけに、スーパーウォータープルーフで汗にも強いので山にはもってこいです。

顔、体、髪に使えて強力なのに、石鹸で落とせてしまうのも嬉しいポイントです。

メイクの上からさっとスプレーできるので、女性には使いやすいです。

●スキンアクア リップケア UV SPF22 PA++ 4.5g

SPF22/PA++で、爽やかなフレッシュミントの香りです。

日やけで乾燥しがちな唇にたっぷりのうるおいを与えてくれます。

帽子

登山時にかぶる帽子は、大き目のつばがついたものの方が日差しを避けられます。

また、帽子の中に日よけが供えられたタイプも有るので、そういったものを選びましょう。

下界では「大げさな感じで恥ずかしい」と思っても、山ではそんなこと言ってられないくらいの日差しを浴びることがあります。

通常は帽子にしまえるタイプなら、日差しの強い時にささっと日よけを出して使うといいでしょう。

もし、ただのキャップしか持っていないようでしたら、キャップの下に手ぬぐいをかけその上にキャップをかぶるという方法も有ります。

また、山の上では、風の強い場所も多いです。風で帽子がとばされそうで被っていられないなんてことにならないよう、首紐がついているタイプがおすすめです。

せっかく帽子を持参したのに、風が強くて帽子が被れないなんて最悪です。

アームカバー

登山では日焼け対策として基本は長袖ですが、真夏でカンカン照りの日に長袖だと下界に居る時などに暑かったりする場合があります。

そんな時に便利なのがアームカバーです。

これだと、半そでを着て袖部分のみつけて、日陰のところや下界に居る時などは取り外すことができるので便利です。

指をかけるタイプと手首までのタイプがあります。

手も焼けたくなければ手袋と併用して使用するのが良いです。

私も夏場は使っていますが、汗をかいても心地よく夏場はとても快適です。

化繊のものを選べば、汗冷えを防いでもくれます。

ただ、サイズが緩いとずれ落ちてきてしまうので、 ぴったりのものをしっかり選びましょう。

手袋

長袖を着るなら手袋をするのを忘れずに。

油断すると、手のみが黒いなんて間抜けなことになります。

スパッツ

夏場は半ズボンを履きたいところですが、やっぱり日焼けが気になります。

スパッツをはいて半ズボンをはくと、長ズボンを履くよりも涼しく汗をかいてもさらっとしています。

サポートタイプを選べば、涼しい上に足のサポートまでしてくれるので、一石二鳥です。

サングラス

意外と怠りがちなのが目の紫外線対策です。

肌と同じく目も紫外線を浴びるとダメージを受けてしまいます。

そして、目から入った紫外線で日焼けしてしまうことも有るんです。

特に標高が高い場所に行く場合には、サングラスは持参した方がいいでしょう。

タオル

油断しがちなのが首周りです。

後ろ側に日よけのない帽子をかぶって、顔には日焼け止めを塗って安心していると、首部分だけが灼けてしまっていたなんてことも!

首周りにもしっかり日焼け止めを塗るか、もしくは夏ならクールタイプのタオルを首に巻くというのも1つの方法です。

クールで涼しい上に、首の日焼け予防にもなります。

おすすめクールタオル

●VACNITE クールタオル

冷たい感覚が長く続き速乾性にも優れています。
熱中症の対策としても有効です。

抗菌防臭の機能も有り、紫外線からもお肌を守ってくれます

色のバリエーションも多いので好きな色をチョイスできます。

サプリ

外からだけではなく、体の中からの対策としてサプリも飲んでおくとより効果的です。

おすすめサプリ

粒が小さくて飲みやすいです。

有効成分「L-システイン」4種のビタミンが肌の健康を身体の中から保ってくれます。

日焼け止めだけでは心配な方は、内側からもケアしておきましょう。

まとめ

お天気が良い悪いにかかわらず、またどの季節でも登山に行く際には必ず日焼けの事も考えましょう。

1回くらい大丈夫だろうという油断は、後々後悔しますよ。

おかめ
おかめ
病気になったり、体にシミやしわができないよう、
しっかり日焼け対策しないとね!

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。