Sponsored Link
登山には夏でも必須の「防寒着」はどんなものを持参してますか? | 山おかめ

登山には夏でも必須の「防寒着」はどんなものを持参してますか?

登山には「防寒着」は必須の持ち物ですが、具体的にどんなものを持参すればいいのでしょうか?

先輩登山者達はどんなものを持参しているのでしょうか?

ただ「防寒着」と言っても季節や登る山によってどの程度持参すべきか難しいところです。

初心者だと、夏だったら必要ないのではと思う人もいるかもしれません。

登山では夏でも防寒着は絶対に持参した方がいいです。

そして、もしも使わないとしても、万が一のために多めに持参することをおすすめします。

登山に「防寒着」って絶対必要?

標高が100m高さが高くなると気温が0.6度低くなります。

ですので、例えば2000mの山なら下界よりも12度も温度が低いんです。

されにそこに風でも吹いていたら体感温度はさらに下がります。

山の上は夏でもとても寒いことが有るんです。

また、万が一遭難してしまった時、山で一晩過ごさなくてはならなくなった場合にも防寒着が命をつないでくれる可能性が有ります。

ですので、夏でも防寒着は必須です。

ただし、防寒着には色々な種類が有りますので、季節や行く山によっても選ぶ必要が有ります。

登山の基本、「レイヤリング」について

上の項目でもお話したように山では高度が高くなればなるほど気温が低くなりますし、また吹きっさらしの場所や日陰に入るともっと寒く感じることもあります。

ただ、体を動かしていれば暑くもなりますし、日が直接当たっているような場所だと山の上でも暑いことも有ります。

つまり、登山ではその時々で暑さがころころ変わるわけです。

ですので、その時の体の状況に合わせてこまめに服を着たり脱いだりして温度調整する必要があります。

登山では何枚も重ね着をして脱ぎ着をすることで調整する「レイヤリング(重ね着)」が基本です。

下に着るアンダーウェアは直接汗を吸いますので、出来るだけ早く乾くよう吸汗速乾機能の有るものが望ましいですが、その上に着るものは、吸汗速乾も必要ですが、さらに保温性も有るものが望ましいです。

また何枚も重ね着をすることを意識してサイズを選ぶ必要が有ります。

登山の防寒着はどんなものを持参する?

ぶた子
ぶた子
防寒着ってどんなものを持参すればいいんだろう?

登山の防寒着と言うと、「ダウン」か「フリース」を持参される方が多いです。

かなり寒い季節やかなりの高所に行く場合には両方持参することも有ります。

それぞれ、厚手のものから薄手のものまであるので、季節や行く山の寒さに合わせてどれを持って行くか考えましょう。

行く予定の山の「山の上の気温」の予報を調べてある程度は予想することが大事です。

防寒着と言えば「ダウン」か「フリース」

1枚は持っていたい「薄手ダウン」

普段街着として着るごっついダウンではなくて、登山ではもっと薄手で軽量のダウンを持参する方が多いです。

防寒着の定番で、薄手で軽量でたたむとかなりコンパクトになるのでとても便利です。

歩いている時は暑くなるので、小さくしてリュックにさっとしまえます。

薄手なので重ね着もしやすいので登山にも最適です。

こんなに薄いのに温かいのか心配になりますが、結構温かく、ものすごく寒い時にはレインウェアの下に着ることでより温かくなります。

モンベルなどの登山用品でももちろん有りますが、ユニクロでも充分温かいものが売っています。

おかめは、荷物に余裕が有る時は夏でも保険で持参しています。

1つは持っているとかなり重宝しますよ。

ちなみに、ダウンの品質はフィルパワー(FP)という単位で表示され、数値が高いほど高品質とされています。

ただし、濡れには弱いので、雨が降っている時には上にレインウェアを必ず着ることと、汗を物凄くかく時には脱いでいる方が良いです。

万能、厚手・薄手「フリース」

暑い季節の場合はダウンだとちょっと暑すぎると感じることが有るので、そんな時にはフリースが活躍します。

フリースには厚手のものから薄手のものまで様々です。

かなり寒い季節の登山ならもこもこタイプのフリースが温かく見た目も可愛いです。

またかなり薄手の生地のものもあるので、暖かな季節にはちょっと肌寒い時に使えます。

色んな厚みのフリースをもっていると重宝します。

その他防寒着として使えるもの

通常はダウンかフリースを防寒着として持参する方が多いですが、寒さの度合いに合わせてその他にも中に着れるものを持参しましょう。

暑めの季節に便利な「ソフトシェル」

出典:楽天

ソフトシェルは特に暑い季節の登山でちょっと肌寒い時に着るのにちょうどいいです。

寒い季節には、これだけで防寒は出来ませんが、重ね着の下の方に着るものの1つとして使えます。

見た目も可愛い「ベスト」

ダウン、フリース素材のものでベストタイプも防寒着として使えます。

通常の長袖のものだと腕の動きが気になるという方はベストタイプがいいでしょう。

出典:楽天

もこもこタイプのベストは見た目も可愛いです。

女子にはお洒落に見えて嬉しいです。

また普段着としても使いやすいところもいいところです。

出典:楽天

ダウンのベストも有ります!

長袖だと腕が動かしづらいと感じる方はこちらも便利です。

結構使える「ジャージ」

汗をかいてもさらっとしているので快適です。

前開きなのでさっと着れて、薄手なので重ね着にも最適です。

これ1枚だけで防寒は厳しいですが、プラス1枚に使えます。

登山には便利なウェアです。

寒い季節には追加したい「セーター」

寒い季節や、高度の高い山ではダウンでも寒い時が有ります。

そんな時には保温を重視したセーターも持参しておくとさらに暖かく出来ます。

素材はウール混かメリノウールのものが温かくておすすめです。

特にメリノウールは暑い季節でも使える万能素材なので、少々お高くても持っていたいものです。

富士山などの高度の高い山の場合は夏でもかなりの寒さになりますので、何枚も重ね着出来るようにしておきましょう。

Tシャツの上に着るのにちょうどいい「シャツ」

暑い季節にはTシャツで行動し、寒くなったら1枚羽織るのにちょうどよいです。

これも生地の厚さが様々なものがありますが、夏用冬用などそれぞれ季節ごとに向いたものを持参しておくとさっと羽織れます。

さらに、デザイン的にも生地の厚みも、上に重ね着しやすいです。

防寒着がこれ1つではちょっと不安なので、防寒着の1つとして考えてください。

必ず持参すべき「レインウェア」

レインウェアは防寒着として使う事が出来ますが、勘違いしてほしくないのは、防寒着がこれだけというのは良くないということです。

ものすごい雨風に覆われてしまった場合、レインウェアだけでは体にぴったりくっついてしまい、熱を奪われてしまうのでそんな場合には下に空気の層になるようなダウンなどを着ることで体を暖かかく保つことができます。

ただ、少し寒い程度ならレインウェアを上に着るだけでちょうどよいこともあるので、ただ雨を避ける目的以外にも防寒着としても使えるということを覚えておくといいでしょう。

おすすめレディース「フリース」&「ダウン」

おすすめのレディース「フリース」と「ダウン」をいくつかご紹介します。

THE NORTH FACE(ザ ノースフェイス) ダウンジャケット サンダーフーディー NYW81811

★TAION(タイオン) レディース クルーネックボタン インナーダウンジャケット

マムート(Mammut)レディース ダウン Scooter

★MIZUNO(ミズノ) ブレスサーモダウン ライトウエイトジャケット ウィメンズ

★パタゴニア(patagonia)25211 ウィメンズ・ロス・ガトス・ジャケット

チャムス(CHUMS)ボンディングフリースジャケット ボアジャケット
CH14-1242 レディース

コロンビア(Columbia)リードベターマウンテン II ウィメンズフルジップ レディース PL3136-101

ザ ノースフェイス(THE NORTH FACEジャケット マウンテン バーサ マイクロ ジャケット NLW71904

ワイルドシングス(WILDTHINGS フリース マジック ジャンパー  男女兼用

カリマー(karrimor)trail ジップ フリース 100759 2J08WAI1-Blue (Lady’s)

フォックスファイヤー(Foxfire)レディース ウェーブフリースベスト 8113052-021

マーモットMarmot)フリース レディース ベスト リバーシブル 全4色 M/L TOWOJL39

ノースフェイス レディース ホラダウン クロップ ダウン ベスト

★コロンビア(Columbia) ボアベスト アーチャーリッジ2 ベスト ARCHER RIDGE 2 VEST AR1561

おかめ
おかめ
防寒着は厚手や薄手色々な種類を持っていたいね。
そして行く山によってうまく使い分けられると良いね。

まとめ

防寒着は寒い時にさっと脱ぎ着をしたいので、基本は前開きのものが良いです。

防寒着として色々なものをご紹介しましたが、通常ダウンフリースが便利です。

レインウェアの他に夏でもフリースかダウンどちらかは少なくともリュックに入れておきたいところです。

山では夏でも低体温症に陥ることが有りますので、充分な防寒対策をしておきましょう。

おかめ
おかめ
防寒着は少し多いかなと思うくらいが安心!

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。